カードローンの申込が低金利で手軽に借りられてオススメ

cashing_loan2830

キャッシングローンでお金を借りたいと検討されている方で、カードローンにするかクレジットカードにするかを悩まれている方もいらっしゃるかと思いますが、お薦めしたいのは、カードローンの申込みをし、低金利で大きな限度額設定を受けることです。

クレジットカードにもキャッシング枠という物が、付帯していることが多いですが、一般的なクレジットカードのキャッシング枠の金利は、概ね年18%となっており、法の上限金利となっています。このクレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングローンは、最後の手段とするべきだと思います。

カードローンには大きく分けて、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの2つに別れます。両者は何が違うのでしょう。消費者金融系カードローンは、貸金業法に基づいたキャッシングローン商品であり、銀行系カードローンは、銀行法に基づいたキャッシングローン商品になります。この2つの法律の違いが、個人に貸し出せる限度額の設定に、大きく関わってくるのです。貸金業法には、総量規制というものがあり、最高でも年収の1/3までしか貸し出すことが出来ません。返済が滞るなど、金融事故を防止する為に定められました。

つまり、消費者金融系カードローンは、年収の1/3までが最高の限度額の設定になるのです。逆に銀行系カードローンは、銀行法に基づいた商品なので、総量規制の対象外となっていますので、限度額は保証会社や銀行から得られる信用度によって決められます。最近では、「限度額200万円までは収入証明不要」としている銀行系カードローンが多いのも、年収に左右されることが無い、1つの例かと思います。

このカードローンは、現在とても競争が激しい商品で、各社金利を低く抑え顧客を増やそうと争っていると言えます。
限度額を年収に合わせた物とするのが、安心の大きな物にするかは、検討しなければなりませんが、1つ言えることは、キャッシングローンでお金を借りたいと思うなら、まずは低金利で大きな限度額も期されるカードローンの申込みをし、審査を受けてみるべきということです。

安定した一定の収入をお持ちの方であれば、どちらも審査が通る可能性はあります。その上で、どうしても審査に通らず、でもキャッシングローンでお金を借りたいと思われる場合には、最後の手段として、クレジットカードのキャッシング枠を利用することを検討するのが、お薦めしたい順番となります。

コメントを残す