キャッシングローンを借りるなら銀行系カード?消費者金融系カード?

cashing_loan2545

お金が無くて困った。でも支払いなどですぐ必要。そんな経験をされたことがある人も多いのではと思います。
そんなときはどこからかお金を借りて用立てしなければなりません。
キャッシングをしてその場をしのいだことがある人も多いでしょう。

でもキャッシングできる会社は大きく2つに分けられることを皆さんご存知でしょうか。

その2つは銀行系と言われる会社と消費者金融です。
どちらもお金を借りる(キャッシングする)ことができることに変わりはないのですが、定められた法律はそれぞれ異なります。
銀行系の会社は銀行法、消費者金融は貸金業法に定められたルールの元で営業を行っています。

 では、この2つの法律の大きな違いとはなんでしょうか。

それは「総量規制」というルールが貸金業法には定められており、銀行法には定められていません。
この「総量規制」とは10年ほど前に消費者金融で多条債務を負った人たちが高金利によって返済が不能になる人が続出し社会問題になったことで定められた法律です。
消費者金融業者は年収の1/3を超える金額を貸し付けることができなくなってしまいました。

 一方銀行系のカードローンは総量規制の対象外のため、年収の1/3を超えた金額も借りることは可能です。

当然銀行系カードローンも消費者金融も入会時に審査は行います。
銀行系カードローンは融資限度額も大きいですが、同時に審査が消費者金融より厳しいという現実もあります。
審査が厳しい分、金利についても消費者金融より安く設定されており、返済時の負荷は消費者金融より軽くなります。

 消費者金融はどうなのでしょうか。

総量規制の対象で、金利も高いとなると銀行系カードローンのほうがサービスのよさを感じられてしまいますが、消費者金融にもメリットはあります。

1つは審査が銀行系に比べて厳しくないこと。
そしてもう1つは融資するまでの時間の短さです。

申し込んだその日に振り込んでもらうことも物理的に可能です。
その点銀行系は審査のスピードにもよりますが、振り込みまで数日かかってしまう場合もあります。

このように同じキャッシングローンでも会社によってサービスも異なります。
キャッシングローンを利用するときは、自分の現状の状態を把握したうえで、どの会社を選定するかが非常に重要になります。

コメントを残す