銀行・消費者金融の審査に通るための秘訣

cashing_loan2824

銀行や消費者金融のキャッシングローンを利用してお金を借りる為には、まずは審査にパスする必要があります。
審査自体はそれほど難しい内容になっているわけではありませんが、実はなかなかパスできない方もいるのです。

キャッシングローンの審査にパスする為に最も重要なのは返済能力と信用

返済能力に関わってくるポイントは、現在の収入状況と他社からの借り入れ金額です。

安定したある程度の収入を得ている方なら、収入面での必要条件はクリアできます。
また、他社からの借り入れがない方や、もしも借り入れがあっても金額が少ない方なら返済能力を大きく損なうものではないと判断されます。
これらの条件が満たされていれば、返済能力には問題がないと言えるでしょう。

そしてもう一点の重要なポイントとなる信用ですが、これを判断する為には個人信用情報と呼ばれる情報が利用されています。
個人信用情報というのは、これまでの金融商品の利用履歴やその内容が記録されている情報のことです。
例えばクレジットカードの審査とその結果、そして実際にカードを利用した際の支払い状況などは信用情報として残っています。
他にも、他社のキャッシングローンを利用した際の金額や返済履歴などが記録されていて、審査の際にはその内容から返済に関する信用を判断しています。

たとえ返済能力があると判断されても、信用が欠けてしまうとキャッシングローンの審査にパスすることは難しくなります。信用情報の中に事故情報が残されていると、まずキャッシングローンの審査にはパスできないと考えておいた方が良いでしょう。事故情報というのは支払いや返済の延滞等の情報を指します。一度や二度の延滞なら事故情報に残されていない可能性もありますが、度重なる延滞の経験がある場合は事故情報として残されているケースが非常に多いので注意が必要です。

しかし、事故情報は永遠に残されるものではありません。信用情報における事故情報は数年(約5年と言われています)で抹消されるので、延滞等を起こした時期から何年も経過している場合ならキャッシングローンの審査にも大きな影響を与える恐れは低いと言えます。とはいえ内容次第で事故情報が保管される期間には違いがあるので、キャッシングローンの審査を受ける前に事故情報が残されていないか個人信用情報機関の情報を調べておくと良いでしょう。

コメントを残す